ジャックラッセルテリアちょろこの気楽な日々と日常生活の日記。


by ちょろひこ

<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

暮れも押し迫って来ましたね!
皆様もお忙しい日々を送られていることと思います。

私も年末にばあば(私の母)の引越しがあったり、ジタバタと過ごし、
パソコンにじっくり向かう時間もあまりなく、ご訪問、更新が遅れて
申し訳ありませんでした。
f0053952_2250359.jpg

そして、明日から主人もお正月休みに入りますので
本年はこれで最後の更新になります。

思えば、今年はちょろこの体調不良などがあり、
どれほど皆様に支えられたか分かりません。
ブログを通じて、本当に暖かい方々に出会えたことを感謝します。

そしてブログも2年目に入り、更新の速度もボチボチになって
しまいまいたが、いつも通り、遊びに来てくださる皆様に感謝です!

今年も笑顔で、無事年を終えることが出来ることは、
ひとえに皆様のお陰だと思っています。
f0053952_2374222.jpg


今年も本当にお世話になりました!
そして、来年もどうかよろしくお付き合いくださいね!

ちょろこからも、、
f0053952_2310915.jpg


一年の感謝を込めて!
どうか良いお年をお迎えください!!
[PR]
by chorohico | 2007-12-27 22:50 | 飼い主

クリスマスサプライズ

皆様、メリークリスマスです!!
楽しいイブを過ごされたことでしょう。

ご存知の通り我が家は、ばあばの引越しやら、ジタバタとしていて、
すっかりクリスマスも忘れていましたが、連休を兼ねて、それなりに
楽しく過ごしました。

しかし、イチロー君のにんに(息子)には、派手なクリスマスプレゼントも
なく、盆も正月も誕生日もクリスマスも分からないちょろこにも何もなしか?
と、思いきや、

なんと!素敵なプレゼントが届きました!
それは、、
f0053952_21513992.jpg

実はこれ、ちょらそらのたかすけさんのところで、抽選に当選したものです。

以前ちょろこのイラストも描いて下さったたかすけさん、
ソラ君の「般若顔」をイラストにしたところ、それを「親ばか度数90のひろみ」さんと言う方が素晴らしい刺繍にして、それを背中にどどーんと背負ったジャンパーを手作りされました。

それをたかすけさんがプレゼント企画にしてくれたものです。
これがまた、感動するような素晴らしい出来で、フードは取り外し可能、
裏もボアが付いており、切り替えもあってボタン付き。すごすぎです!

横から見るとこんな感じ。
f0053952_21595263.jpg

相変わらずテンション低くてスンマセン(汗)
袖つきの服は初めてのちょろこ。いつも以上に固まってしまいました(苦笑)

しかし、このお洋服、たかすけさんのブログ上で見てもかなりハード
と思いましたが、実際目の前にすると、「わー」とか「げっ」とか思わず
声が出てしまう怖さで(苦笑)

遊びに来たばあば(私の母)に見せてみると、、
f0053952_2273755.jpg

相当驚いた様子です(笑)

少々袖が長かったようで、ロボットのように歩いていたちょろこ(笑)
f0053952_22988.jpg

かなり笑えました!

何と言っても、このジャンパーが欲しかった理由は、
「ワニ顔面のちょろこが般若顔のソラジャンを着る」の図
がどうしても見たくなったわけで、、
f0053952_2212085.jpg

晴れて念願叶いました!

しかも、このジャンパーにおまけの「ワッペン」まで頂き、、
f0053952_22134316.jpg

このワッペンを付けた飼い主と般若ジャンパーを着た犬。。
これは最強コンビの出来上がりです!(笑)

年末の物騒な夕方のお散歩も、これで最強、怖いもの無しです!!

たかすけさん、親ばか度数90のひろみさん、素敵なサプライズを
どうもありがとうございました!
[PR]
by chorohico | 2007-12-24 21:36 | ちょろこ

トン汁の冷めない距離

またまた、更新が遅くなって申し訳ありませんでした(汗)
まー!この数日間、怒涛のように忙しい日々を送っておりました。。

その理由は、、
f0053952_19181991.jpg

お引越!!

実は、今まで電車で8駅ほど遠くに住んでいたばあば(私の母)が、
私の住む町に引っ越して来ました。
徒歩で約15分、駅の近くの素敵な場所です。
 
そんな訳で、日曜日が引越しでした。
苦労話はいろいろありますが、一番手間がかかったのが、、
f0053952_1928188.jpg

この大きなタンス!
まー、大きいのでまず旧居から出ない!窓枠を外しても出ない(苦笑)
スッタモンだしてやっと出したら、今度は新居に入らない(笑)
苦労してやっと落ち着きました。

やっと運び込みも終了し、今度はダンボールの山。。
f0053952_19303788.jpg

ちょろこもお手伝い、、いや邪魔しに来てました(苦笑)

引越し前に「要らないものは捨てるように!物は半分に減らすこと!」
と強く言っておいたのですが、やはりモノが多い!(笑)
まー!片づけをしながら「どんだけー!」と何度叫んだことでしょう(爆)
「もったいないから捨てられない」と言いますが、物が多すぎて、
必要なときには探し出せず、結局また同じものを買ってしまう、、
という悪循環。。
そのほうがよっぽどもったいない!!とこぶしを握り締めて言いました。。

まあ、ジタバタとした慌てぶりは、これを見れば分かるか?
f0053952_19373361.jpg

カーテンのサイズ、違うやーん!(笑)

さて、母が引越しを決めた理由は、やはり年齢です。

母とは将来は同居、という予定になっているのですが、
まだまだ元気な遊び盛りの出好きな母、まだご隠居は早いだろう、、
でも、いつか同居なら元気なうちにわが町に慣れておきたいし、
近所なら何かあってもお互い安心だし。。
という理由でした。

ともあれ、これで我が家とも「スープの冷めない距離」
いや「トン汁の冷めない距離(笑)」となりまして、
今日もお昼ごはんにトン汁を作って持って行きました(笑)
これがお互い一番いい関係のように思いませんか?

そんな、こんなで、大好きなばあばが近所に住んでくれて、
ちょろこもうれしそうです。
f0053952_19495945.jpg

これから、いっぱい遊べるね!

長文、ありがとうございました。
ご訪問、遅れてすいませーん!!
[PR]
by chorohico | 2007-12-18 19:21 | 飼い主

脳の真実

相変わらず、みるく君が大好きなちょろこ参考

今日も、みるく君を追いかけ回しています。
f0053952_2092060.jpg

そして、無理やり、、
f0053952_2010024.jpg

ジャンプチュー!
みるく君、ちょっと迷惑そうだよ(苦笑)

でもちょろこは、、
f0053952_2011166.jpg

責めの一手が愛情表現と信じてる様子。。

さて、そんな二人の脳内を見てみたら、、
f0053952_20125251.gif

あわわ!!
ちょろこは愛の虜!それはその通り!
でも、みるく君の脳内はこうなってたんだなー(苦笑)
ちょろこ、ちょっと嫌がられてるやんか。。

それを知ってしまったちょろこ、、
f0053952_20152474.jpg

凹んでました(苦笑)
時には大人な態度で引いてみるとかも愛の駆け引きには必要かもね!

でも、母さんはちょろこのストレートな愛情表現が大好きだよ!
[PR]
by chorohico | 2007-12-10 20:15 | 川原劇場

明るい老後のススメ

ブログでも度々登場するので、ご存知の方も多いと思いますが、
ばあば(私の母)はかなりの天然ボケです。参考ボケ

最近で笑えたのは、私と一緒にスポーツクラブに行きだしたばあば、
ピラティスと言う言葉がどうしても覚えられず「ティラミス」とか
「アラミス」とか(苦笑)
で、結局ずっとティラピスと言い通しています(爆)

そんなばあばが先日お泊りに来ました。

お風呂に入り、ビールを飲んで、ちょろこを膝に乗せ、、
f0053952_19193734.jpg

桜塚やっくんをゲラゲラ笑いながら見てると思ったら、、
f0053952_19203645.jpg

次の瞬間、寝てました(爆)
こんな風に笑いながら瞬間的に寝れるのも特技です(笑)

そして、そんなばあばが「この本読んで欲しい」と持ってきたのが、、
f0053952_19245679.jpg

これは作者の敷島妙子さんと言う方が、実際にご自分の舅さんを
自宅でお世話されたお話なのですが、これがとても面白い!
面白いとは不謹慎!と思われるかもしれない老人介護ですが、
本当にとても楽しいお話です。
もちろん、とても大変な苦労をされているのですが、全篇前向きなその姿勢、こんな風に老人と接することが理想なのだろうと勉強になりました。

「ボケ老人」と言う言葉は本来は使ってはいけないのかもしれませんが、
痴呆症と眉間にシワを寄せて言うより、ボケ老人という言葉が心地よく
私も出来ることなら、こんな風に自分も老後を過ごしたいと思いました。

天然ボケの母が、そのうち「ボケ老人」に変化して、
色んなことを忘れても、笑顔は忘れないばあばで居てほしいなあ。。

是非、機会があれば、この本読んでみてください。

さて、おまけの動画は、ばあばのお泊り布団に布団カバーを
着けていたら、ちょろこが上に乗って来たので、
布団カバーに閉じ込めてしまった様子です。

こんなたわいない笑いの耐えない明るい老後を目指したいですね!
[PR]
by chorohico | 2007-12-04 19:09 | 飼い主