ジャックラッセルテリアちょろこの気楽な日々と日常生活の日記。


by ちょろひこ

カテゴリ:犬の特性など( 28 )

良い子、、の定義の続編です(^_^)v

前回で社会性の重要さはお話して
人間大好き、ワンコ同士でも上手に遊べる
もしくは一緒の空間に居れる、お話をしました。
f0053952_22184393.jpg


さて、ここで「群意識」や「上下関係」が分かって
社会性が出来ると、、実は必ずしも人間の
考える{良い子」ではない場合もあります(^_^;)
でも「犬」として最高の子になります(^_^)
f0053952_22193168.jpg


まずは「吠える」
これ、たぶん最初の数か月は吠えなかったのに、、
って、悩んでる方多いかも、、
でも、これが犬の本質、犬が与えられた仕事。。
群意識、ここが「守るべき家」と認識出来た
証拠だと、褒めてあげてほしいのです。

それから、妹弟が出来てから吠えるようになった、、
これも群として、守ろうと言う意識で吠えているので
頑張ってるんですね(^_^)
f0053952_22205595.jpg


それでも、マンションだし困る、、
って場合は、いろいろ対処法はありますが、
その子によるので、フィールドで会える環境なら
おいでください(^_^)
営業のようですが、、営業です(^_^)

他には「家では出来るのに待て!がここでは出来ない」
「初めて盗み食いしちゃった~!」

これって、人間の子供にまた、たとえますが、
友達の家に居るときは、いつもよりいうことを聞かなかったり、
祖父母の前では、いつもよりわがままだったり、、
ってありませんか?
私自身、自分の子供時代の駆け引きで、ばあちゃんが
居るから、今日はママは怒らない、、とか、ママ友の前では
ママは寛容、、とか、しっかり分かってました(^_^)
これ、ワンコにもあります(^_^)
そういう「場の空気」を読める、、そういう子になるのが
「社会性」なんです(^_^)
f0053952_22213249.jpg


以前面白いことがありました。

うちで常連さんになってくれたワンコがいっぱいいた
ジャックデー、新入りのオラオラな1歳代のオスワンコが
来て、マウントやちょっと目に余る行動。。

父ちゃんが見かねて、ルークと一緒にフィールドへ。
案の定、ルークにも、マウントしようとしてルークが一喝!
その子は腰を抜かしてキャイン、、、と言ったとたん、
常連ワンコがみんな加勢したんです!ヽ(^。^)ノ
f0053952_22223865.jpg


他のランではありえないことかもしれないし、ご法度かも
知れませんが、私は、ワンコの社会性や群意識って
素晴らしいな、、て感動しました!

多頭飼いしておられる方は、分かりやすいと思いますが、
「社会化」「群意識」が出来ると、上の子が下の子(もしくは
上限関係で)守ったり、リーダーの行動に従ったり、
そういう「空気の読める」子になるんですね。
f0053952_22231887.jpg

(写真はうちの社会化教室2回目ですっかり慣れて
寛ぐワンコたち)

だって、犬だから、群で学ぶ動物だから。

そういう風に思うと、余計愛おしくなりませんか?
人間の子供と似てる部分は多いですが、
でも「犬だから」読める「群意識」や「社会性」
そこを尊重してあげて欲しいのです(^_^)
[PR]
by chorohico | 2015-11-18 22:29 | 犬の特性など

「良い子」の定義

皆さんの中で犬の「良い子」の定義は何でしょうか?
f0053952_21494938.jpg

トイレのしつけが出来て、甘噛みもしない、吠えない、
ある程度のコマンドも聞く、、
それは家庭によって、また家飼いか外飼いかにもよって
多少、ここは出来てないと「良い子」じゃない、ってあると
思います。

父ちゃんのブログを読むとうちの子がどえりゃあ良い子、、
と思ってる方もいるかもしれませんが、違います(^_^;)
甘噛みの年齢は過ぎてるのでしませんが、
半分外飼いなので、トイレがあいまいな子もいるし、
家では「吠える」がお仕事と思って吠えます。

おやつもらうときでも、、
f0053952_2211226.jpg

座っておとなしく待ってはいません(^_^;)
でも、私の定義ではみんな「良い子」です。

今日はオフ会でBBQでしたが、ジャンプ力のあるジャック、、
f0053952_2223916.jpg

でも、BBQコンロの下で、ウロウロしても飛びつかない子たち、
私の定義の中では「良い子」です。
場の空気や、イケナイことを理解しています。

私の中の「良い子」の定義は、
まず「飼い主」は絶対的存在。だから言うことを聞くのが
自分のためである、と信じていること。

たまに父ちゃんがハリーやルークの尻尾を持って
ぶら下げてる図を見て、びっくりした方がいると
思いますが(私はそこまでようやらん(^_^;)
犬は、飼い主を信じれば、飼い主のすることは
何も恐れないし、逆らいません。

次は「人間」はみんな味方だし、だから
従おうとする姿勢。
f0053952_22254259.jpg

ちょろこはご存じ、食いしん坊で、私が一番!と
うるさいやつですが、それでも人間のコマンド(どんな言葉でも)
言えば聞きます。

相変わらずスケバンですが、昨日は初対面の
ワンコでも「わかってるやろな」と言えば、我慢は出来ます。
f0053952_22423379.jpg

これも飼い主の意図を理解したと言うことです。
(甘い母ちゃんですが、きゃひんと言わされたワンコの
方々スンマセン(^_^;)

そして、今日少しヒヤっとして、やっぱりこの「良い子」の
定義が間違ってない、、と思ったのが、この子たち。
荷物搬出時に、二重扉が開いてしまい、二匹が飛び出てしまった!
f0053952_22284363.jpg

でも飼い主の母ちゃん慌てず「何やってんの?帰ってこい!」
の一声で、ちゃんと戻ってくる(^_^)

多頭飼いされている方で、まだみんな2歳未満。
でも、結構厳しい(しかし愛のムチ)母ちゃんで、みんな「良い子」
私の言う「飼い主絶対」がしっかり出来ていて感心しました(^_^)

よくランで飛び出して迷子、、不幸な事故、、必死で追いかけて
やっと確保、、そんな話を聞きますが、
まずは「飼い主が本気」をしっかり理解して、それから
「飼い主が絶対」を分かってくれたら、少々のわがまま、
腕白お転婆は、ご愛嬌だと思うのです。

もちろん、ワンコ同士の社会性も必要ですが、
そのお話も、この「良い子」パート2としてまたお話ししますね(^_^)v
[PR]
by chorohico | 2015-11-16 22:45 | 犬の特性など

上の子、下の子

前回のアップで、コメントいただいた中に
「下の子が来てから出来なくなっちゃった」とか、
下の子のおもちゃをとりあげちゃう、喧嘩になっちゃう、、
と言うご意見を頂き、なるほど、、と考えました。

確かに、多頭飼いになるとなかなか難しい問題も
発生しますね(^_^;)
f0053952_20453148.jpg


ちょろこは9歳まで一人っ子。だから出来た信頼関係や
自分の要求に応えてもらえるという安心感で出来たことも
多いと思いました。
f0053952_2046849.jpg


しかし、以前でもいつも合う仲間がいて、その中で
ボス的存在の子がいて、リーダーがいて、、
そういうのはしっかりわかっていたようで、
そういうワンコのボールは狙わないし、おやつも順番待ち
出来ていました。
f0053952_204657100.jpg


もし多頭飼いされている方で、下の子が待てないから、、と
先にご飯やおやつをあげているとしたら、まずそこから
改善してください。

自然界では、まず強いオス、次に繁殖力のあるメス、
年長者、最後に子供たち、、
子供たちは、悲しいかな、生命力の弱い子はここで淘汰される。。
でも、その本能が、ワンコにはしっかり備わっているので、
それを理不尽とは思いません。

以前にちょろこが私がご飯を食べてるのを、もの欲しそうに
見ているけど、私が目を合わせようとすると目を伏せる、、
は、教えたわけではなく「目上のものを狙ってはイケナイ」
という犬の本能です。
f0053952_20472786.jpg


さて、おもちゃの場合、、ふたりに同じおもちゃをあげても
お互い相手のが欲しい、、喧嘩。。等々。。

もしこれを避けたければ、出来れば、まずは上の子を隔離して、
下の子に見せながら、上の子を飽きるまで遊ばせて
出せ!で出させて、それから、下の子を遊ばせて
欲しいのです。

ワンコって年齢の上下関係はしっかり理解できる動物なので
下の子に理解させてあげてほしいのです。
上の子が全て優先で、リーダーなのだと。
f0053952_2048196.jpg


ここ、重要ですが、、上の子は「パピー」には
寛容なので我慢して与えてしまったり、またオスわんはメスわん
には赦しちゃいます(^_^;)

ここで、パピーの下の子がおもちゃを取ってしまったときに
可愛いから、小さいから、と上の子に「お姉ちゃんだから
お兄ちゃんだから許してあげなさい」と言ってしまうと
上の子はなんでなんで?と理不尽に思います。
上の子は精一杯我慢してるんです。

人間の子供でも年齢差が近いと、ここで赤ちゃん返り
したりしませんか?
年齢差にもよるのですが、おもちゃがトラブルの元や
多頭のしつけの難しさになることもありますね。
f0053952_20491944.jpg

その家庭の環境で一概には言えませんが、
基本は犬の本質、本能で
「上の子、下の子」をしっかり飼い主さんが対応を変えてあげる
ことで、上手に出来る場合も多いです(^_^)v

群動物ですからね(^_^)v
[PR]
by chorohico | 2015-11-02 22:30 | 犬の特性など

おもちゃは獲物

ジャックを飼っている方はお分かりだと思いますが、
とにかくパワフル、興味深々、諦めないで固執する
おもちゃはいつまでも追いかける、壊す。。等々、
少なからずご経験があると思います。
f0053952_21521063.jpg


それはなぜか?というと元「狩猟犬」だからです(^_^)

狩猟犬として活躍していたころは、その諦めない本質で
どこまでもパワフルに獲物を追い込み、そして抑え込んで
何時間でも待っていた、、そういう犬種の本能が
今のおもちゃへの固執です。
f0053952_21533085.jpg

(写真はセミにロックオンのちょろこです(^_^;))
よく他の犬種(特に牧羊犬など)を見ていると、
ボールが取れなかった、、あっさり諦めるのですが、
ジャックは右がダメなら左、上がダメなら下から、、と
考えて何とかしようとします。
それが「狩猟犬」のジャックの知恵なんですね(^_^)
f0053952_2156944.jpg


さて、本題は、この「狩猟犬」の特性を生かすも殺すも
飼い主次第と言うことです(^_^;)

皆さんで与えたおもちゃ、瞬殺破壊、それだけでなく
服やメガネやスマホ破壊(^_^;)家具をかじるわ、
こんなものまで破壊、、ってありませんか?
うう、困った困った、ある程度年齢行っても直らへん(^_^;)
ってありませんか?

狩猟犬時代のパピーのしつけ、を考えてみましょう。
もちろん、なんでも噛みます、食べます、壊します。
でも、そういう興味を持たせる犬種にしたんですから
それでよしです。

でも、アイコンが取れるようになったら、こっちが「待て」
「ヨシ」で咥えさせ、「出せ」で出させる、をやらせます。
つまり獲物は自分のものではなく、あくまで飼い主に
与えられた、飼い主に主導権があるもの、と覚えさせるのです。
f0053952_14113560.jpg


ランでも、テキトーにボールを投げて、持ってこない、離さない、、
なんでやろ。。最後は壊しちゃうのよね、、
って方がいらっしゃいますが、「おもちゃ」はこの「獲物」なのです。

だから必ずこっちの指示で行き、こっちの指示で出させ、
こっちの指示で終了、しなければならないのです。
f0053952_14124137.jpg


またよく、お散歩で何でも食べちゃって、
ダメダメって言うと、今度は逃げ回っちゃって、、
と言うお悩みを聞きますが、これも「待て!」のあとに
「ヨシ!」が来ると思うと、待てるんです。待ってれば
与えてもらえる、遊んで、最後は飼い主さんに任せる、、
と思わせれば簡単です(^_^)
f0053952_14163138.jpg


ワンコはそれでストレスには思いません。
飼い主が笑顔で、良い子~と言えば喜んで
おもちゃを返してくれますよ(^_^)v
[PR]
by chorohico | 2015-10-29 21:53 | 犬の特性など
さて、
犬にとって人間の「手」はどんな風に映っているのでしょうか?
f0053952_10343853.jpg

基本的に犬にとっては「手」は「マズル」に見えているんです。

だから、上手に使わないと、飼い犬に手を噛まれてしまうことに
なります。
パピー時代に、じゃれて甘噛みして来るのを、手を開いて
払いのけると、余計にじゃれて噛みついてくる、、と言う経験は
ありませんか?
実はこれ、
f0053952_10404369.jpg

この状態(^_^;)
親子やパピー同士でお口を大きく開けてのガウガウ遊び。

その中でワンコ同士だとやりすぎると、キャインとなって
もう遊んでもらえなかったり、親犬だとガウ!と叱られます。

間違っても痛いから、とか、いたずらをしたからと言って、
叩いてはいけません。
特に頭を手を広げて叩く、、は犬にとっては
「大きなマズルが口を開けて襲ってくる」に見えるので、反射的に
本能的に噛みついてしまう子になってしまいます。

うちのお客さんで、腕に噛み傷がある飼い主さんを何人か
お見受けしましたが、叩くと噛まれた、、そうで。。
とっさによけてガブ!のワンコの気持ちは、マズルをよけて、
首筋に噛みついた、、んです(^_^;)

手は、パピーのころは、ご飯やおやつをくれる優しい「口」
でなければなりません。そして、指示を出す、「あご」で
優しくペロペロ代わりになでなでしてくれる「口」
であるべきです。

そうすると、手は安心できる優しい「口」になるんです(^_^)v
f0053952_10523819.jpg

どんな人の手も大好きになって、手に群がります。
f0053952_10544167.jpg

うちの子グイグイ行き過ぎやけど(^_^;)

ちなみに皆さんはご存じだと思いますが、
初対面のわんこの頭をいきなり「撫でる」も実は、この話から
行くと「大きなお口が上から来る」ことになるので
ご法度です。
慣れてる子は大丈夫ですが、出来れば、そっと握り拳をマズル
の下から嗅がせてあげてくださいね(^_^)v
[PR]
by chorohico | 2015-10-28 10:59 | 犬の特性など

アホになろう

元関西人だった私は「アホ」は愛のあるツッコミ言葉ですが、
関東に嫁いだ姉は、関東人の旦那に「あほか」と突っ込み、
アホとはなんじゃ!と、喧嘩になったそうで^^;
関西人の場合「馬鹿」と言われると、まじめに怒ってるのね、
と思うのですが(^_^;)関東と関西で違うんですね(^_^;)

さて、今回のこの「アホになる」は説明は難しいのですが、、
犬の親の気持ちになって接してほしいのです。
私が思うに、犬と生活する上で「アホ」になって欲しいのです^ ^

フィールドにしつけがどうもうまく行かない、、
呼んでも来ない、、コミュニケーションが取れない、と
相談に来られる方の共通点。。
それは、声が小さい、表情がない^^;
f0053952_194946100.jpg

まだ4か月のシェルちゃん、父ちゃんが「あほ」になって
呼ぶと飛んでくる(^.^)抱っこされて緊張しつつも、
この人に抱っこされると安心と思っているはずです(^.^)
つまり、「なんだか、楽しそうなので行ってみよう」と思わせたんです(^.^)
f0053952_202549.jpg

にんに(息子)が大好きなちょろこ、「あほ」になって
くれるにんにには無条件で付いてい行きます(^.^)

f0053952_207271.jpg

よく、4か月未満で来られるワンコの飼い主さんが
「この子、お座りも出来ないし、呼んでも来ないし。。
でも、しつけは早い方が良いですよね?」と言われますが、
答えは「NO」です。。
ワンコは言葉をはっきり理解出来ません。
でも、こっちのテンションや顔の表情は
人間の子供より読める、そういう動物です。
祖先の狼社会では、言葉はもちろん、吠えることすら
出来ない動物で、こっちの意図、意志をボス、リーダーが
伝えれたのは、どういうことだと思われますか?
f0053952_20482576.jpg

つまりは「信頼関係」です。
そうなるには「あほ」になって、子犬の遊びに付き合い、
やり過ぎたら叱り、噛みつき、上下関係を教えたのです。

この写真のワンコ、みんな「アイコンタクト」が取れていますよね?
誰もご馳走を前に飛びつきませんが、たぶん、そういう
「飛びついてはイケナイ」と言うしつけはしていないと思います。
f0053952_20523333.jpg

私もご飯前にちょろこと写真を撮るのですが、ここに乗ってはイケナイ
としつけてはいません。
上下関係、この人の意思を理解しよう、、と言う姿勢が出来ると
こちらが好ましい行動を考えてくれるんです(^.^)
まずは、しつけのコマンドより、こっちを向いて「ん?何?」って
聞く姿勢を付けさせる。。
人間の赤ちゃんでも、言葉を理解するのに相当時間がかかりますが、
犬にほんの数か月で「座れ」を理解するのは無理だし、
こっちの意思を伝える「表情」がないと、それは理解不能です。

それにはこちらが「あほ」になって、
大袈裟にハイテンションで呼ぶ、来たら大げさに「あほ」になって
褒める、寝転がって遊ぶ、たまにはマズルをぱくっと(^.^)
叱るときは、大袈裟に、大声で叱る、たまには泣く、、って手もありです。
f0053952_20582696.jpg

そうすると、こんな風に、みんな指示待ちのアイコン出来る子になります(^.^)

人間の常識で、上から目線で、、より、犬の常識で、目線を
低くして、、が初期のしつけでは役立つのです。
「なんでうんち食べちゃうの?」と人間の常識で叱るより、
犬が幼少期に栄養素をより効率的に摂るため、、と理解して
それを上手にこっちの好ましいように誘導するのには
「あほ」になって、コミュニケーションを取ってほしいのです。

以前に話しかけの重要さ、もお話ししましたが、そうなる前に
まずは、「こっちの話を聞く姿勢」を養うのは、
こちらが「あほになって」犬の興味を引き、楽しませて
欲しいのです(^.^)
いわゆるコマンドの「しつけ」は何歳からでも出来ます(^.^)
うちの看板犬のハリーもバロンも2歳以降の里子なんですから。。
f0053952_21244038.jpg

f0053952_21252416.jpg

バロンなんか、以前の飼い主さんに噛むから?と牙を切られて
人間不信だったのに、今はとっても明るい良い子ですからね(^.^)
f0053952_2042556.jpg

こっちがあほになると、ワンコもなんでもやってくれる「あほ」に
なってくれます(^.^)
あ、それは、理想ではないか?ヽ(^。^)ノ
[PR]
by chorohico | 2015-10-14 23:11 | 犬の特性など

理想体型とダイエット

人間の方々も気になるタイトルかも知れません(笑)

まずはワンコの理想体型とは、、
f0053952_10235954.jpg

手前味噌ですが、ちょろこ(^.^)
ウエストが、きゅっと引き締まっており、走るとしなやかな筋肉の筋が見えます(^.^)
f0053952_10271126.jpg

あまり力が入ってない状態では筋肉は見えず。
つまりイチロー選手のような、しなやかな筋肉。
見た目から筋肉質のごりマッチョではありませんね(^.^)
触って分かるのは、背骨と肋骨がちゃんと触れる、が理想。

f0053952_10301597.jpg

ルークは上から見てもろっ骨が少し浮き出て見えています。
ちょっと痩せてるかな?
でも同じく、ダッシュするとホレボレする筋肉がついています(^.^)

パピーちゃんの体型、、
f0053952_10324331.jpg

まだ筋肉が付く前でぽよん(^.^)でも、これは成長段階なのでOKです。
f0053952_10352032.jpg

大きな白い子、ボルト君もこれでまだ5か月(^.^)
やっぱりぽよん(笑)でも、成長期なのでOKです。
人間で小さい頃から体操などさせると背が伸びない、、
のは筋肉を早期に付けると成長が滞るので、1歳までは
ワンコもほどほどで良いです^ ^
こうやって遊んできれいな筋肉をつけてね(^.^)

さて、実はこの「筋肉」がダイエットのコツなのです。

お散歩しっかり1時間もしてるけど、痩せない。。
と嘆いているとしたら、悲しいかな、お散歩では、、
痩せません(苦笑)

筋肉には二種類あって、大きく分けると「速筋」と「遅筋」があります。
それはなんぞや?と思われると思いますが、簡単に言うと
ダッシュに使う筋肉とゆっくり歩く持久力に使う筋肉。
お散歩だと、この「遅筋」しか鍛えられず、
若干の脂肪燃焼はしますが、劇的には痩せません^^;
f0053952_20543472.jpg


実は重要なのは「運動」より「基礎代謝」
実はこの基礎代謝に必要なのが速筋なのです。
基礎代謝、とは、、
これも簡単に言うと、息をする、など、自分で意識していない生きる上での身体の活動。
人間でも中年になって食べる量は同じなのに太って来ちゃった、、
は実はこの「基礎代謝」が減るからなんです(^_^;)

では、どうすれば?速筋が付くのでしょうか?
って思いますよね^ ^

ひとつは食事。でも、これは年齢や体質があるので
ここでは明言出来ません。フィールドでその子の年齢や
生活をお聞きしたうえで相談には乗ります(^.^)
f0053952_20582732.jpg


もうひとつは「気温」なんです。
出来れば夏はちょっと暑い環境で肺呼吸を促して代謝をあげる。
*熱中症にならないような配慮は必要ですので、やみくもに
 実践しないでください。

冬はこんな風に丸くなる程度に寒い、、
f0053952_212090.jpg

もっと寒いと鼻先を尻尾の前に入れます。

うちの子が太らないのは、たぶん、ある程度自然な環境にいることだと
思います(^.^)

しかし寒がりな私とちょろこは冬は暖房の番人ですが(^_^;)
f0053952_2165683.jpg

それでも、留守番のときは、エアコンなし、暖房なし。

少しはダイエットのヒントになれば、と思います(^.^)
[PR]
by chorohico | 2015-10-14 10:52 | 犬の特性など
さて、前回で「空気の読める犬」と言うお話を
しましたが、今回はそのお話です。

子育て、または周りに小さな子供さんが
居る方はお分かりだと思いますが、
子供には赤ちゃんの時からいろいろ話しかけませんか?
f0053952_1585763.jpg

もちろん、最初はさっぱり理解してくれない(^_^;)
それでも、話しかけてるうちに「こっちの意図」を理解して来る。。
言葉をはっきり理解してるわけではありません。
顔の表情、声のトーン、ムード、、
そういうことで、これは親が喜んでる、これは困ってる。。
そういう理解をしてゆき、人間の場合、そのうちしゃべります(^.^)

ワンコの場合は、喋れるようになれませんが、
ワンコにも「日常会話」をすれば
私はこの「こっちの意図」を理解することは十分出来ると
信じています。
f0053952_15171180.jpg

これは以前はハーネスで、しかも伸びるリードで散歩してたころの
ちょろこ。
それでも、こういう「次の角はどっちへ行くん?」と
聞く子になるんです(^.^)
つまり、コマンドなし、リードコントロールなしでも
こっちの意図が理解できるのです(^.^)
 *ただし、初期の段階や、首輪、リードの重要性もあるので、
   断片的な鵜呑みにはしないでくださいね。

私は以前、小学生の英語塾の講師をしていました。
そこで、全く英語を知らない小学生に教えたときに
こっちがオーバーリアクションと顔の表情で、ほとんどの子供が
理解できるのを見て、確信したんです(^.^)
こっちが伝えようと思えば、向こうは考えるし
伝わるんだな。。


私はちょろこにはご飯時の待て!もコマンドもほとんど使いません。
それでも、いつも台所で野菜くずのおこぼれを待ってる二人に、
f0053952_155789.jpg

「今から揚げ物するからね~」と言うと、ちょろこは台所から立ち去ります。
ルークも最近覚えて来たかな(^.^)

つまり、私は小さいころから「揚げ物するから危ないからあっちへ行き」
と「会話」してたら、彼女の中で「揚げ物」=「危険」が
ちゃんと出来たということです(^.^)

椅子に乗って欲しいときも、「アップ」というときもあれば
「ここ、乗っといて~」と言うときも「上は?」と言うときも
あり、でももれなく乗ってくれます(^.^)
f0053952_1624317.jpg


この「日常会話」の良い点は、大きく二つ。
まずは「コマンド」でしっかりしつけてしまうと「お座り」が
「座れ」や「シット」になると通じなくなってしまう(^_^;)
うちの子は、「ここ」でも「座って~」でも「待ってて」でも
座ります(^.^)
つまり、誰がコマンドを出しても聞ける。
f0053952_16173582.jpg

こういうわちゃわちゃの場面でも、
こっちが、あれ?どうするん?違うよ、、と言うと座ります(^.^)

もう一つは「考える犬」「空気を読める犬」になる、と言うこと。
実はこの「空気を読める犬」は本来親犬や兄弟犬と
三か月以上一緒にいれば養えることです。
親や兄弟から「痛い!やりすぎ!」と甘噛みの程度を
を教えてもらったり、近づきすぎ、うざい!とガウ、と言われ
気づいたり。。
良い子だったらペロペロしてもらえて親犬に思いっきり
甘えておっぱい飲んでねんねして。。
うちの常連さんのソウ君が、そうですね(^.^)
f0053952_1630518.jpg

スワ!喧嘩?みたいな様子ですが、遊んでます(^.^)
決して噛んでません。
3か月以上、親兄弟と一緒にいたそう君、空気が読めるので
絶対ちょろこにもルークにも一目置いてい絡んだりしません(^.^)

分かりやすい食いしん坊ちょろこがコマンドなしで「空気を読んでる」
動画がこれ、、
あれ?
ちょろこに会ったことのある方は知ってると思いますが
思いっきり食いしん坊、もらえると分かると手まで
食べる勢いの彼女ですが、これが空気を読める犬、
コマンドでコントロールはしていません(^.^)

他にも、これは「おしっこない?」と聞いたときの表情、、
トイレ行こうか?
考えております(^.^)首をかしげて聞くこともあります(^.^)
その後がこれ、
ちー出た
ちょろこの場合、留守番の時、家を出る前に排泄を済ませ、
帰宅したらまたこっちの指示で排泄をさせるので、基本
家の中にトイレがなくても基本は粗相しません(^.^)
 *下痢している、食べ過ぎた、雷が怖い、、なんかのときは
   もらします(^_^;)

動画では撮れませんでしたが、逆にちょろこのほうが
「母ちゃん、トイレ」と言うように「ワン」とベランダを向いて
私に言うこともあります(^.^)

こういう感覚、たぶん、幼児期の子供と全く同じだと思います。
オムツが濡れた、お腹空いた、、そういう表情やサインを
こっちも読み取って、向こうも、こっちの笑顔や困った顔を
読み取って、やがて信頼関係、親子関係が出来る。。

もっといっぱい愛犬とお話ししてください(^.^)
f0053952_21404962.jpg

コマンドでしつけるより、話しかけで出来ることは
いっぱいありますよ(^.^)

 *あくまでも、しつけの段階でコマンドは必要なことも多いですので、
  鵜呑みにせずにその子に合った方法でやってくださいね。
  
[PR]
by chorohico | 2015-10-01 15:23 | 犬の特性など