ジャックラッセルテリアちょろこの気楽な日々と日常生活の日記。


by ちょろひこ

こころ

皆様、昨日はちょろこの退院祝いに駆けつけてくださって
本当にありがとうございました!!

コメント欄は何と100を越え(私のお返事も入ってますが)
闘病中の間は記録的なアクセス数を記録していて、
こんなにもたくさんの方が応援してくれているんだ、と
本当に感激し、心強い思いでした。

以前からのお友達に加え、初めての方々もたくさんきてくださり、
勇気付けてくださり、皆様の暖かい「こころ」に本当に感謝です!
ありがとう!

さて、昨日は退院後、少しおとなしめのちょろこでしたが、今日は食欲も
すっかり戻ったようで、少なめのご飯に文句をいい、おやつもボーロだけに
していたんですが、もっとくれ!と激しい要求(苦笑)

そして、よいうんPが昨日の夕方出ました!
獣医さんに持って行って検査してもらいましたが、異常なしのよいうんP
でした!

お家遊びも全快!
f0053952_21595296.jpg

久しぶりににんに(息子)に思いっきり遊んでもらっていました。

そして、ジャンプも健在!
f0053952_2211152.jpg


しかしひとつだけ気になる点は、足が小刻みに震えていること。
寒いわけではないはずなのに、規則的に震えています。
遊んだり、散歩のときは大丈夫なのですが、寝ているときや
私が何か話しかけたりしても、ブルブルと震えています。

獣医さんにも相談しましたが、きっと精神的にかなり怖い辛い思いを
したからだろうかと思えます。そりゃそうだよね、ちょろこ。
身体のほうは順調に回復していますが、「こころ」のリハビリには少し
時間がかかるかな?
ゆっくり、ゆっくりいつものちょろこに戻ればいいよ!

それから、これは私の覚書のようなものですが、闘病中の私の気持ちを
忘れないためにも綴っておきます。

まず「飼い主がしっかりしなければ!」と頭では分かっていても、完全に
パニックでした。
ただオロオロするばかりで、獣医さんとの会話もままならず、聞きたい
ことなども頭が回らず、家に帰ってただハラハラと泣くばかりでした。
唯一、パソコンで皆様とお話をさせていただき、気持ちを落ち着けることが
出来ました。

そして、今まで皆様の家族や愛するペットが病気や怪我で辛い思いを
されているとき、私ももちろん心配しましたが、そのコメントには
元気付けようという思いで、多少冗談めかした表現を使ってしまったことも
あり、本当に申し訳なかったと反省しています。
こんなに辛い苦しい思いだとは考えていませんでした。ごめんなさい。

それから、ちょろこが元気であるから、私も全てが楽しかったことを
思い知りました。

ちょろこの闘病の間は、何を見てもまるで目に入らず色を失ったようで、
音楽も雑音でしかなく、冷や汗で暖かいのか寒いのかも分からず、
食欲はもちろん無くなり、眠りの喜びもありませんでした。

食べなければ!という思いで、いただいたパンを無理やり口に運び、
お味噌汁で飲むという4日間でした。
眠ろうと思っても、常に意識があり、小さな音ではっと起き上がり、
また近所の犬の声に「ちょろこが?」と思い、がばっと起き上がったりして、
全く眠ることは出来ませんでした。

私の「こころ」もちょろこと一緒に、病気になってしまったようでした。
それをかろうじて支えてくださったのは、皆様です!

今回の辛い経験で、「こころ」というのは暖かく、そしてもろくもあり、
愛するものの存在で、こんなにも変わるもだと実感しました。

「こころ」とは「気持ち」、「意識」、色んな言い方があると思いますが、
私はやはり「こころ」と言う言葉が一番しっくりくると思います。

私もこころを込めて、心から皆様に感謝し、
そして、もっともっとちょろこを愛していこうと思っています!

長い文章をありがとうございました!
[PR]
by chorohico | 2007-03-09 22:35 | ちょろこ